沖縄そば

沖縄そばのことなら沖縄生麺協同組合へ

沖縄そば

沖縄そば >

沖縄そばは本場の本物認定品?

沖縄そばの知識

製麺工場の紹介

沖縄そばの歴史と沖縄そばの日

沖縄そばの作り方

沖縄そばロゴ

沖縄そばのロゴマーク

地域ブランド認定を機に全国公募していた「沖縄そば」のロゴマークを応募作784点の中から決定しました。
県民の温かい人情や豊かな自然を赤や青などの鮮やかな原色で表現。抽象化したはしとめん、3枚肉で「沖」の文字をデザインしています。

「めん」を知る

麺の味の決め手は木灰汁やかん水

 ほんのりと黄みを帯びた沖縄そばの麺は、小麦粉100パーセント。コシや風味の決め手になっているのが、木灰を水に浸した上澄みの「灰汁(あく)」や、 炭酸ナトリウム系の天然ソーダを含んだ「かん水」。小麦粉に加えるとそのタンパク質に作用して沖縄そばならではの弾力や風味を作り出す。また、 沖縄そばの黄みを帯びた色も、それらが生み出すものだ。
 1960年以降、薪の利用が減り、木灰の入手が困難になると、かん水を代用した麺作りが主流となってくる。しかし最近は、昔ながらの木灰を使ったそば作り にこだわる店も登場し、灰汁が生み出す独特の風味を再現している。昔からガジュマルやイタジイ、モクマオウなど堅い木ほどそば作りに適していると言われ、 店の脇にこれらの薪を積み上げている光景も見られる。

濾過した灰汁

濾過した灰汁

木灰と水を混ぜて作る灰汁

木灰と水を混ぜて作る灰汁

幅広、細め、チリチリ
地域や店によってさまざま

生麺
 地域や店の違いが現われやすいのが、麺の太さや形。沖縄本島中南部では、3~4ミリ幅の麺が主流で、北部へ行くときしめんのような7ミリ程度の幅広の 麺が多くなる。また、本島から離れた宮古島では中南部よりも細い麺になり、八重山地方では断面が丸いそばになるのだ。
 本島内だけでも50カ所近くの製麺所があり、麺の堅さや太さなど各店からの細かい要望にも応じているというのだから、多様さには納得がいく。さらに、 麺を語るには本島や離島のそば屋をすべてを紹介しなければならないほどだ。
 また、忘れてはならないのが最近の傾向とも言える、海藻や薬草などを練り込んだオリジナル麺の登場だ。各地域の特産品を利用したものが多く、与那原町 のひじきや玉城のもずく、与那国の長命草などが代表選手だろう。さらに、宜野座村にはじゃがいも麺があり、沖縄市にいたってはナマコを練り込んだ 「しっきり麺」というのもある。いずれにしても、長寿県沖縄らしく、体に良さそうな食材が選ばれているのが特徴だ。
本島北部 本島北部  那覇に次ぐ歴史を持つ名護を中心とした北部には、きしめんのような幅広タイプの麺を出す店が多い
本島中南部 本島中南部  沖縄そば発祥の地ともいえる那覇周辺では、3~4ミリ幅の麺が主流。老舗も多いので、食べ歩きには最適の場所
宮古地方 宮古地方  本島の沖縄そばより細めの麺で、あまりうねうねしていないのが特徴の宮古そば。具を麺の中に潜ませるスタイルが特徴だ。
八重山地方 八重山地方  細くて丸いのが八重山そば。ピパチという香辛料と短冊に切られた豚肉とかまぼこが載っているのが、八重山そばの標準型。

油と麺の意外な関係

 「全国なま麺類公正取引協議会」によって、定められた「沖縄そば」の定義の一つに、仕上げに油処理が施されていることとある。一度茹でた麺に油を まぶすことを指しているのだが、これは麺の表面に皮膜を作って傷むのを防ぐ役割のほかに、麺を水で締めるというのが、日本そばやうどんなど一般的な「麺」 の在り方だが、茹であげた麺を水洗いせず、油をまぶしそのまま自然冷却するという工程が、ほかの麺にはない沖縄そば独自の食感を生み出しているのだ。